So-net無料ブログ作成
検索選択

とりあえずPORCUPINE TREE【DEADWING】 [Steven Wilson]

3月の東京子ども買いのとき、CD屋さん(某新宿ディスクユニオン プログレ館)でかかっていた
ヘヴィなギターリフがかっこいいドリームシアター・タイプの曲・・・。
耳にした途端、誰の曲だか知りたくてレジの辺りに紹介がないか探しちゃった位、私の好みにぴったりでした。残念ながら、そのときは発売日前だったのですが、先日、ようやく手に入れることができました♪(と思ってたら実は後の調査で本国では既に昨年発売されたアルバムで、今回初の日本盤発売だそうです)
それが、今日、ご紹介するこのアルバム↓

デッドウィング

デッドウィング

  • アーティスト: ポーキュパイン・ツリー
  • 出版社/メーカー: WHDエンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/24
  • メディア: CD

いや~これがもう第一印象通りの大・大・大(×100)ヒット!!
今年の私のベスト10入り決定です(^^)v

POCUPINE TREEというバンド名はこれまでもちらちらと目にしてたけどアルバムをちゃんと聴くのは初めてでした。このバンドを改めて意識して雑誌などを見てみるとバンドの頭脳、スティーブン・ウィルソンは私の好きなバンドとの関わりも深く思いがけない繋がりに勝手に運命のようなものを感じているおばかさんな私です(^^;

まず、MARILLIONのファンでもあるスティーブンは、それが昂じて(?)MARILLIONのプロデュースやリミックスを出掛けたこともあります。

1999年発売の「marillion.com」では、①、③、⑤、⑥、⑧のAdditional Productionとクレジットされています。

Marillion.Com

Marillion.Com

  • アーティスト: Marillion
  • 出版社/メーカー: Sanctuary Midline
  • 発売日: 2006/04/10
  • メディア: CD

また、現在の最新アルバム「Marbles」では、④のミックスを手がけているようです。

Marbles

Marbles

  • アーティスト: Marillion
  • 出版社/メーカー: Intact
  • 発売日: 2004/05/03
  • メディア: CD


それからソネブロ・メタル・ブロガーお仲間の皆さんが大絶賛、現在、私も遅ればせながらへヴィローテーション中であるバンド、プログレッシブ・デス・メタル・バンド OPETHのアルバムのプロデュースもこれまで3枚務めています。MARILLIONとOPETHという一見まるっきり音楽性の異なると言ってもよい二つのバンドがこうして(私にとって)意外な形でつながっていることに驚くと共に、スティーブン・ウィルソンの持つ幅広い音楽性と豊かな才能にさらにびっくりです。

Blackwater Park

Blackwater Park

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Music for Nations
  • 発売日: 2001/03/12
  • メディア: CD


Deliverance

Deliverance

  • アーティスト: Opeth
  • 出版社/メーカー: Koch Records
  • 発売日: 2002/11/12
  • メディア: CD


Damnation

Damnation

  • アーティスト: Opeth
  • 出版社/メーカー: Koch
  • 発売日: 2003/04/22
  • メディア: CD

う~む、確かに意識して聴いてみるとMARILLIONの上記のアルバムにはPORCUPINE TREE的なところがあるし逆にPORCUPINE TREEのアルバム【DEADWING】にはMARILLION的なところもあるし、また同じく上記のOPETHのアルバムには(って私はその内では【Damnation】しか聴いてないのですが)PORCUPINE TREE的なところがあり、【DEADWING】にはOPETHっぽいところがあって、思わずニヤリです(笑)。

更に、OPETHの中心人物 ミカエル・オーカーフェルトとこれまた私の大好きなバンド DREAM THEATERのマイク・ポートノイと三人のプロジェクトも進行中とのこと・・・いやぁ、まったくもってこれまで意識していなかったことが悔やまれるくらい素晴らしい人脈の真っ只中にいるお方です。

また、上記のHR/HM系の人脈からPORCUPINE TREEを知った方にはちょっとピン!と来ないかもしれませんが、元JAPANのリチャード・バルビエリがキーボードを務めているのもニューウェーブ系がお好きだった方には特筆事項でしょう。

さてさて、前置きがすっかり長くなってしまいましたが、肝心のアルバムです。
アルバムを聴いた印象は、ヨーロッパ的な湿り気と浮遊感のあるメタル寄りのプログレHR。うん、確かにプログレの範疇で語られるバンドだと思うのですが、アルバム全編を通して70年代英国HRのかほりもぷんぷんと感じられます。私の知っているバンドを例に表現するとMARILLIONよりヘヴィでDREAM THEATERより湿り気と透明感があって、そこに英国的なロックのあらゆる要素をちりばめてって感じかしら。他に曲によってはRADIOHEADやCOLDPLAYなんかの雰囲気も感じられますね。あ、ちなみに、アルバムの帯には「プログレッシブ・へヴィ・ロック」と書いてあるけれど、へヴィ・ロックってのはちょっと違うんでないかい?と私は思うのですが・・・。
また、先ほどからスティーブン・ウィルソンのことばかり書いていますが、キーボードのリチャード・バルビエリはもちろんのことベースのコリン・エドウィンのグルーヴィな音もいいし、そしてなんといってもギャヴィン・ハリソンのドラムがどこがどうってよくわからないけれどすっごく気に入っています。
それから、このアルバムにはゲストとしてエイドリアン・ブリュー が①と④のギター・ソロ、ミカエル・オーカーフェルト(OPETH)が①③⑤のコーラス、⑤のギターで参加しています。

ということで、PORCUPINE TREEのこと、スティーブン・ウィルソンのこと、このアルバムのことはちょっと調べ始めるとなかなか奥が深くてまだまだ勉強不足だし書き足りないのですが、かと言ってそのためのまとまった時間がとれるかどうかわからない今日この頃なので、とりあえず「みんな聴いてみて~!!」の気持ちをこめて記事をアップしちゃいます。

「プログレ好き」「メタル好き」「ドリーム・シアター好き」そして密かに「ニュー・ウェーブ系も好き」の方にはとってもおすすめです♪

オフィシャル・サイトのトップ画面からアルバム【DEADWING】の試聴ができます↓
http://www.porcupinetree.com/

とにもかくにも騙されたと思って、まずは試聴してみてください!!と声を大にして叫んでおきます。

なお、今回PORCUPINE TREEのことを記事にするにあたって、とても詳細な情報を発信しておられるswjpboさんのブログを参考にさせていただきましたので、ご紹介しておきます。↓
http://steven-wilson-jpbo.seesaa.net/

〔お断り〕
追ってこの記事にはもう少し手を加えたいと思ってます。


nice!(4)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 18

swjpbo

はじめまして&お邪魔致します。 swjpbo でございます。
Porcupine Tree 及び拙ブログのご紹介を賜りまして誠にありがとうございます。

PT の多様性と Steven Wilson を軸にしたご解説が本当に嬉しく有り難いです。
現行プロモーションの方向性以外にも十分にアッピールし得るユニットだと考えており
多方面に向けたファンによる拡散を行って参りたいと考えておりますので
今後とも更なるご協力を頂戴出来ますよう、何卒宜しくお願い申し上げます!

# 私も Marillion と John Sykes が大好きであります (笑) 。
by swjpbo (2006-05-03 07:17) 

私もヘヴィ・ローテーション中です。
このアルバム、最高ですよね。プログレや英国のスタイルを基本に様々なバンドの要素を持ち合わせ、それを現代的なスタイルで表現している・・・と言う感じです。OPETHへのプロデュースも、PT自身に影響を与えたようですね。
最後に失礼ながら指摘させていただくと、OPETHのミカエルは「アーランドソン」ではなく、「オーカーフェルト」です。
マイキー、ミカエル、スティーブンのプロジェクトも超期待ですね。
by (2006-05-03 08:31) 

りでぃあ

>swjpboさん、ようこそお越しくださいました!
記事中でswjpboさんのブログを紹介させていただきながら、ご挨拶が遅くなり
たいへん失礼いたしました。
swjpboさんがコメントくださったようにあらゆる音楽性を内包したPTは、幅広い
音楽ファンにアッピールするバンドですよね。
今回が初聴きの私ですがここ日本でももっと多くの人に聴いてもらえるよう、
およばずながら応援していきたいと思っておりますので、こちらこそどうぞ
よろしくお願いいたします。

あ、swjpboさんもMarillion と John Sykes がお好きなんですね♪
MarillionのアルバムでSteven Wilsonの名前は目にしていたのに、これまで
聴いてみなかったことを本当に悔やんでます。やはり音楽の場合は、
「百聞は一見にしかず」ならぬ「百閒は一聴にしかず」ですね!!
by りでぃあ (2006-05-03 09:48) 

りでぃあ

>ファランさん、コメント&nice! ありがとうございます♪
ファランさんのブログのトップページでPTをヘヴィ・ローテーション中のご様子を知り、お仲間発見で密かに嬉しく思っておりました。
ほんとこのアルバム、いいですよね~!!
今回はこれまでのアルバムよりもヘヴィな仕上がりとのこと。
正にプログレ寄りのメタル・ファンにもアピールする一枚だと思います!!
そしてOPETHのプロデュースはミカエル・オーカーフェルトの方から依頼した
そうで、ここでもまたミカエルのセンスの良さを感じています。
とOPETH初心者の私が言うのもなんですが・・・(^^;
そうだ、PTの方は来日公演が決まりましたね!
野外フェスというのが私にはちょっとネックなんですが、密かに参戦計画中です。
残るはOPETH・・・来日するなら絶対観に行くのに。

(追伸)ミカエル・オーカーフェルトの名前を間違えてたいへん失礼いたしました。
    そして、ご指摘くださりありがとうございました。
    それにしても「アーランドソン」って誰と勘違いしてたんでしょう・・・。
    
by りでぃあ (2006-05-03 10:45) 

りでぃあ


思い出しました・・・というかネットで調べました(^^;
ミカエル・アーランドソンというのは主にソロで活動しているボーカリストでしたね。
と、実際の音は聴いたことないのですが・・・。
by りでぃあ (2006-05-03 10:50) 

のんたん

元JAPANのリチャード・バルビエリに反応して行ってきたのですが
なぜか視聴画面を押しても聴けないとですーーーー!
バルビエリさんはよく来日もされているようで、皆さんそれぞれお元気そうで
何よりですね・・・じゃなくて、絶対に聴きに行ってみますねー!
うちの妹も読んでまーす^^(『よろしく!』とのこと^^)
by のんたん (2006-05-04 13:09) 

りでぃあ

>のんたんさん、コメントどうもです♪
っと~やっぱり「元JAPAN」に反応してくれましたか(笑)。
Porcupine Treeの音楽はJAPANとはちょっとタイプは違ってるけど、
イギリスっぽさはぷんぷんなので、ぜひぜひ聴いてみてねん!
あ、オフィシャル・サイトの試聴、うまくいかんかった?
私もやってみたらうまくいくときといかんときとあったから、
あきらめずにトライしてみてちょーだいませ。
あ、イギリスといえば(強引に)IT BITES。
ファンクラブ限定やった映像ものが2点、最近日本で発売されたよ~。
(87年のモントルー・ジャズ・フェスのものと89年の東京のライブ)

お~妹さんもここ見てくれてるの?ありがとう~♪
えと、お元気ですか?
よかったらぜひぜひコメントも書いちゃってくださいね。
by りでぃあ (2006-05-04 21:44) 

yubeshi

うっわー、入る隙がないよ〜!
まだ聴いてないし、記事の感想は他の人が書いちゃってんなぁ。
個人的にはブリューの参加が驚きかな。このバンド、フリップ師(←この人の方が前座)とも一緒にツアーしているみたいなので、そういう繋がりもあるんでしょうね。
by yubeshi (2006-05-04 23:26) 

りでぃあ

>yubeshiさん、コメント&nice!ありがとうございます♪
っと、いえいえなんのなんのじゃんじゃん入り込んじゃってくださいよん。
PTを日本で紹介するときの枕詞は
「キング・クリムゾンのロバート・フィリップも絶賛する~」のようでして、
さらに今回のブリューの参加は、ご本人自ら共演を申し出たそうですよ。
そして、これまでドリーム・シアターのヨーロッパ・ツアーのサポートをしたり、
YESのサポート・アクトとして全米ツアーも行っているみたいだし、
なんでこんな重要グループのアルバムが今まで国内盤発売されてなかったのか
まったくもってけしからん!と自分の情報収集不足を棚にあげて思ってる位です。
中心人物スティーブン・ウィルソンの音楽的才能は本当に興味深いので、
ぜひ記事中にご紹介したswjpboさんのブログもチェックしてみてくださいね(^^)v
by りでぃあ (2006-05-04 23:44) 

yoshi

今プログレブーム再燃?なのでしょうか。PORCUPINE TREE非常に気になり
ます。昔プログレ/ジャズロックには一時期ハマリましたし、久々にプログレモードになってみますかね。
やはりプログレは英国じゃなきゃ!という私はドリームシアターが出た時も
「ああ~なんで欧州じゃないんだよ~」と妙な落胆がありましたw
ともかく聴いてみよっと!
by yoshi (2006-05-05 10:37) 

りでぃあ

>yoshiさん、コメント&nice! ありがとうございます♪
そうですね~少なくともHR/HM界の周辺ではプログレブーム再燃?
の気配がありますが、一般的にはどうなんでしょうか。
プログレにはあまり詳しくない私ですが、yoshiさんの「英国でなきゃ!」って
言うのはなんとなくわかる気がします。
たとえば同じプログレ系でもRUSHなどアメリカ大陸産のバンドとは
音の響きというかサウンドというかなんというかちょっと違いますよね。
その点、PORCUPINE TREEは、正真正銘の英国産バンドで、
私が思う「英国系」の音をちゃんと踏襲していると思いますので、
ぜひぜひ聴いてみてくださいね(^^)v
by りでぃあ (2006-05-05 14:53) 

こんにちは。TBさせていただきました。UDOフェスティバルで彼らを観てみたいですね。
by (2006-05-06 09:37) 

りでぃあ

>ファランさん、TBありがとうございます♪
UDOフェスのチケットはまだ取ってないのですが、
ぜひ彼らの生の姿は観てみたいですね~。
by りでぃあ (2006-05-07 17:31) 

ドイツ特派員

りでぃあさん、あまりに遅いコメント恐縮です。Anthemに参戦しましたですか?

やっとDeadwingを入手、聴き込みを開始したところです。これは一言、「深い」。この深さ、誰も指摘していないんですが、King's Xの深さに共通するなあ。

もうちっと聴き込んでからブログに挙げますが、やっぱ欧州ですよ。
by ドイツ特派員 (2007-05-06 22:29) 

りでぃあ

>ドイツ特派員さん、コメントありがとうございます♪

はい、ANTHEM参戦いたしましたよ!!
イベントということでライブは1時間ちょいでしたが、
その分、熱く濃厚な内容だったので、
うわぁ~!きゃ~♪な感じであっという間でした^^
やっぱしANTHEMはライブですね^^

ところで、DEADWING聴かれたのですね!!
King's Xの深さですか・・・。
恥ずかしながらKing's Xを聴いたことがないので、
ぜひぜひその辺りを含めた
ドイツ特派員さんの記事を拝読したいものです。
楽しみにしていますね。
ちなみに先月末に新しいアルバムも出ましたので、
そちらも機会あればぜひ聴いてみてくださいませ。

「やっぱり欧州」
↑激しく同意いたします(^^)v
by りでぃあ (2007-05-07 22:35) 

鎚鋸

こんばんは。初めまして。
鎚鋸(つちのこ)と申します。お邪魔します。
yubeshiさんからの紹介で参りました。

Porcupine Tree正直、いい意味で意外でした。
“ドリーム・シアターのようなアメリカサウンドとは異なる”
その感覚、わかる気がしました。
むしろ一つ一つの間にピンクフロイドを感じると思うのは
私の耳が病気だからです。。
by 鎚鋸 (2007-07-05 23:21) 

りでぃあ

>鎚鋸さん、ようこそお越しくださいました!
コメント&nice! ありがとうございます。
私にとってPorcupine Treeは、
まさに一聴き惚れ(?)でしたので、
この記事もただただ「かっこいい!」と
ほざいているだけでお恥ずかしい限りです(^^;
yubeshi さんの記事へのコメントを拝見するに
最新作【Fear of a Blank Planet】をお聴きに
なられたのですよね?
残念ながら、私は、ピンクフロイドは、
(yubeshiさんにいろいろ教えていただいて)
聴き始めたところで、よくわからないのですが、
実際、PTを語るときによく引き合いに出されて
いるようですよ^ ^
この記事で紹介している前作【DEADWING】も
よい作品ですので、機会があればぜひ聴いてみて
くださいね。
by りでぃあ (2007-07-08 00:16) 

スーパーコピーブランド専門店時計N級品http://www.dokei01.com

スーパーコピーブランド専門店時計N級品http://www.dokei01.com
シャネルバッグスーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-4.html
ロレックス時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-5.html
カルティエ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-8.html
ブルガリ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-7.html
シャネル時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-9.html
ヴァレンティノバッグスーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-66.html
ジミーチュウ財布スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-68.html
ルブタン財布スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-62.html
ブルガリ財布スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-69.html
カルティエ財布スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-70.html
ガガミラノ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-42.html
ルイヴィトン財布スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-32.html
バレンシアガトートコピー、バレンシアガバッグスーパーコピー http://www.dokei01.com/brandcopy-l-27.html
ブランド靴スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-72.html
MCMバッグスーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-73.html
帽子マフラー手袋スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-75.html
MCM財布スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-74.html
サンローランスーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-77.html
モンクレールダウンコピー、モンクレールスーパーコピー!http://www.dokei01.com/brandcopy-l-71.html
ブライトリング時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-10.html
IWC時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-12.html
フランクミュラー時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-14.html
タグホイヤー時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-16.htm
ジェイコブ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-17.html
セリーヌバッグスーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-43.html
エルメスバッグスーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-24.html
ゴヤール トートバッグ スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-28.html
フェンディバッグスーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-67.html
プラダスーパーコピーN級品、プラダ カナパ コピー!http://www.dokei01.com/brandcopy-l-30.html
ブレゲ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-20.html
ロジェデュブイ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-63.html
アクアノーティック時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-64.html
パネライ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-15.html
ウブロ時計スーパーコピー専門店 http://www.dokei01.com/brandcopy-l-41.html
by スーパーコピーブランド専門店時計N級品http://www.dokei01.com (2017-03-01 12:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。