So-net無料ブログ作成

Porcupine Tree オランダ・ライブ遠征記☆ [Steven Wilson]

これまた約2ヶ月前の話題で恐縮です・・・。
はい、実は、私、今年は10月に遅い夏休みをもらって、
Porcupine Tree のライブを観に
オランダまで行っちゃってました☆

あ、今回の記事はライヴ・レビューと言うよりは、
遠征顛末記になっておりますのでご了承ください。
おまけに無駄に長いです・・・。

前のアルバム「Deadwing」のツアーで
初来日を果たした彼ら。
続くアルバム「Fear of a Blank Planet」でも、
きっと来日してくれると信じて待ち続けましたが、
いっこうにその気配なし・・・。
もっとも前回の来日の悲しい集客状況を見るに、
続けての来日には大きな決断が必要だったとは思います。
それだからこそ、もし来日をしてくれるのならば、
できるかぎりの応援行動をもって迎えようと
決意してたんですけれどね・・・。
そのためにストリート・チームにも参加しました。
(↑ストリート・チームに興味を持ってくださったら、
右カランのバナーから、チームのサイトへどうぞ♪)
しかしながら、残念なことに、
10月の欧州ミニ・ツアーをもって
「Fear of a Blank Planet」のツアーは終了すると
アナウンスがあり・・・正直、かなりがっかり。

でも、ふと思いました。
☆来てくれぬのなら会いに行くわよ、Steven☆

年々仕事が忙しくなっていて、
このままじゃ夏休みも流してしまいそう・・・。
だったら、うりゃ!っと気分転換してこようと。
(ちなみにこの計画をたてた時点では、
その後に起るしんどい出来事は予期してなかったのよね・・・)

それからは、休みを取るタイミングを伺い、
一緒に行ってくれる友だちを口説き・・・(笑)。
で、本当は10月19日のロンドン公演に行きたかったんだけど、
ぼやぼやしている内にソールド・アウト!
では、とオランダ公演の様子を見てたら、
目の前で2日目がソールド・アウト!!
あ~日本で考えられないこの状況。
で、結局、オランダ公演1日目のチケットを取り、
その後(!)、休みもなんとか確保し、
どきどきのライブ遠征を決定しました。

ただ会場のあるオランダ南部のTilburgという街は、
ガイドブックには載っていないようなところで、
まったく情報がなく、
ちゃんとたどり着けるかどうか不安でいっぱいでした(苦笑)。

ということで・・・ 行ってきました!
~Porcupine Tree~
2008年10月15日(水)
Tilburg , Hollnd,


今回は、PTとしては初のオランダ公演。
2日間で来年発売予定のライブDVD用の撮影が行われます。
せっかくならば日本代表として映ってこなければ!と、
応援グッズも作成し、いざ現地入りです。
ライブの前後にベルギー観光をセットしてたので、
当日の朝、ブリュッセルを列車で出発。
駅員さんにも車掌さんにもちゃんと確認したのに、
乗っていた列車がなぜか急遽途中で折り返し運転になったようで
アントワープで元来た方向にまた走り出したときは焦ったけど
(車内アナウンス声こもってるしフランス語だったから
 全然わからなかったのですよ・・・。)
飛び降りた途中の駅のホームで尋ねた駅員さんがとても親切で
なんとか無事にたどりついた時はほんとホッとしました。
時間余裕見といてよかった〜。
この街までの車窓の景色は田園地帯という風だったけれど、
Tilburg自体は結構新しく整えられた街という印象です。
20時半開演ということでライブ会場のできるだけ近くにと
あてずっぽうで選んだホテルも会場と目と鼻の先でひと安心。
ちなみに泊まったホテルは、こちら
ネットのディスカウント価格で予約したら
結構いい部屋に通されて、ちょっと得した気分でした。
でも、フロントのスタッフはいまいちだったなぁ。
市内観光をしようと事前に調べてい美術館の場所を聞いても
「わからない」だけで調べてもくれなかったし・・・。
いかにも旅行者なアジアの小娘だからバカにされたのか。

で、ここで後で思い出しても大後悔の事件発生ですよ!!
時刻は、午後4時頃。
会場の場所を確認しておこうと思って、
のぞきにいったところ、本当に普通のライブハウスで、
外観ガラス張りでロビーがのぞいで見れたのですね。
で、なんのきなしに中をのぞいてたら、
中にいた感じのいい青年がこっちを見てて、
おまけにちょっとこっちに歩きかけていたのです。
で、私、なぜか慌ててその場を立ち去ってしまったのですが、
ですが!!!!!
その時、なんとなく「あの人、Stevenに似てるなぁ」、
「でも、若すぎるからスタッフさんかな」と思っちゃったのね。
それがですよ!!!
もう勘のいい方がおわかりですね・・・。
いざライブがはじまってステージを見てびっくり!!
「あの人、Steven本人やったんや!!!
  さっきと同じ服着てるし〜!!!!!!」
な〜んで40過ぎのお兄さんがあんなにかわいいのよ。
あ〜きっとあのときうまく話しかけてたら、
「日本からあなたのライブ観にきました!!」って言えてたら、
なにかがおこった・・・・かも?!
く〜っ、私としたことが一世一代の大不覚です!!
一瞬ショックで倒れそうでしたら、
せっかくのライブなんだから気を取り直して楽しむことに。

さて、ここからやっとライブの感想です(^^;
会場は、もちろん日本では考えられないくらい満員。
でもさぁ、こんなことを言ってはなんですが、
オランダの人でかすぎ〜!!
最初は前の方の平面風フロアに行こうと思ったけれど、
人が多くてへたれの私はあえなく断念・・・。
で、後ろの階段状の方に陣取ったんだけれど、
前の段の女の人が私の方が一段上にいるのに私より背が高くて、
全然前見えないし〜。
おまけにお酒いっぱい飲んでるから酒くさいし〜。
ちゃんとライブ観てろよ〜って思ってしまった。

それはさておき、肝心のバンドの演奏ですが、
正直な感想は、日本で観た前作のライブのときの方が、
演奏は丁寧だったような。音響ももひとつだったかな。
(私の立ち位置のせいか・・・)
でも、うまいバンドであることは確信できたし、
どちらかと言うと繊細なアンサンブルを本領とするバンドなので、
もっとよい環境で観たいですね。
ね、だから日本に来てって!

そうそう。
Stevenが1曲目でバッキング刻む腕がマイクにあたって
マイクが落ちたときはびっくりしたけれど、
まぁ、それもライブならではのハプニングってことで。
実際のライブ映像で採用されるかどうかある意味楽しみ!
って、採用される訳ないか・・・。

と、ごちゃごちゃちょいケチをつけながらも、
ライブの終わった後は、充実感でいっぱいで、
PTの曲を口ずさみながらご機嫌でホテルに戻り、
なんだか興奮しちゃって、
せっかくの上等のベットでよく眠れなかったのでした。
あ〜本当に次のアルバムでこそ日本に来て欲しい!
そして日本のロックファンにもっと観て欲しい!!
という思いを強く持って帰ってまいりましたよ。

で、当日のセットリストはこちら!
まず、「Fear of a Blank Planet」アルバムを全曲通しで。
それから、
Normal
Stars Die
What happens now?
Open Car
Dark Matter
Wedding Nails
Half-Light
Sever
Blackest Eyes
Sleep of No Dreaming
Halo

*セッリストは、こちらのページを参考にしました。


ふぅ、やっと書き終わった・・・。
長々駄文におつきあいいただきありがとうございました。


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 10

ドイツ特派員

りでぃあさん、

凄い、凄すぎます!Tilburgなんて地図で調べたらどうにも片田舎。車なしだと行きようがないところですよ。しかも屈強のオランダ人に囲まれる中での突撃とは....。

PTの場合、確かにインタープレーではなく、バンドの音の塊が飛んでくる感じですよね。そこを楽しめるかどうか、それは恐らくプレイだけではなく回りの雰囲気もあるでしょうし、その意味ではSold outのオランダというのは良いですね。

それにしても、メタルは世界中で来ているのにこの日本は...。来年ベルギーに行くので確認してきます(出来るのか?)。
by ドイツ特派員 (2008-12-29 12:19) 

りでぃあ

>ドイツ特派員さん。
あ〜ごめんなさい、ごめんなさい、もうしません〜(><)

はい、我ながらようやったなぁとひと事のように思ってたりします(笑)。ライブハウスが駅から近いか、車がなくてもいけるか調べようとHP見てもオランダ語オンリーでどうしようかと思いましたが、親切なオランダ観光局にいろいろ教えてもらって、なんとか行き着きました。でも、遠征おもしろかったから、ちょっとクセになるかも。って、いい加減落ち着けよ、私・・・。

あ、来年、ベルギーに行かれるのですね!ベルギーはいろいろ美味しい国ですね〜♪でも、メタルは、どうなんでしょう!?調査結果楽しみにしてます(^^)v


by りでぃあ (2008-12-29 20:19) 

SANE

凄いですね~、オランダへ突撃とは!
オランダ人て平均身長がかなりデカイと聞きます。
その中で観るのは大変だったでしょう^^;

でも向こうまで行かなきゃ、なかなか観ることは
出来ないですよね。何とかこのアルバムでの
来日公演を期待していたので残念です~。


by SANE (2008-12-29 23:34) 

denn

ひょ~^^思い切りましたね!
目的があれば困難でものりこえられる^^
すごい事です^^
by denn (2008-12-30 07:59) 

りでぃあ

>SANEさん。
コメントありがとうございます♪
はい、ほんとオランダの人って背が高いですね(^^;
海外遠征するときは、そこまで考えなきゃいけなかったのか!?と、ひとつ賢く(?)なりました。

PLしかりMarillionしかり、向こうまで行かなきゃなかなか好きなバンドのライブが観れないのってつらいですね・・・。来年こそ、何かのフェスででも来てくれないかしら。
by りでぃあ (2008-12-30 13:28) 

りでぃあ

>dennさん。
コメントありがとうございます☆
はい、思いきっちゃいました。
ほんといい加減落ち着けよ、私・・・です。

でも、ほんと「好きこそものの上手なれ」ではないですが、やる気になればなんとかなるもんですね。
って、調子にのりすぎないようにしま〜す(笑)
by りでぃあ (2008-12-30 13:30) 

TBM

欧州遠征は、オランダ、Porcupine Tree のライブ
だったんですね!
素晴らしすぎです。
う~ん、なんとか今年、来日はないかな??
by TBM (2009-01-01 00:53) 

りでぃあ

>TBMさん。
あけましておめでとうございます☆
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そして、コメント&nice!ありがとうございます。
はい、以前お話ししていた欧州遠征、これだったんです。ご報告が散々遅くなってすみません(^^;
ほんと〜に今年こそなんとか来日して欲しいですね!単独もいいけれど、まずはバンドの魅力をもっと多くの人に知ってもらうためにフジロックとかサマソニとか・・・ムリですかね〜。
by りでぃあ (2009-01-01 21:53) 

ファラン

りでぃあさん、凄い行動力ですねぇ。
国内と海外の人気の違いが実感出来ますね。
それにしてもスティーヴンを逃すとは・・・もったいない(笑)
by ファラン (2009-01-05 20:35) 

りでぃあ

>ファランさん。
コメント&nice!ありがとうございます☆
はい、去年もやっちゃってました(^^;
今回は、遠征初心者には少々行きにくい場所でしたので、「会場にたどり着く」ことに精力のほとんどをつぎこんでしまった感があり、そして、当日のあの大失態ですよ・・・(号泣)。
しかしながらバンドは次の作品の準備に入るようですし、次作でこそ、ここ日本で彼らのライブを「落ち着いて」観たいものです。
by りでぃあ (2009-01-05 21:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。