So-net無料ブログ作成

The Rasmus 【Black Roses】 [聴きました♪(CD紹介)]

早いもので私のお正月休みは今日まで・・・。
明日が初出勤です[バッド(下向き矢印)]
例年ならば、年末もしくは新年一発目に
1年間のベスト・アルバム紹介記事を書いているのですが、
今年は、昨年聴いたアルバムを
もうちょっと振り返ってみたいと思います。

今日は、こちら[exclamation]

ブラック・ローゼス

ブラック・ローゼス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2008/10/29
  • メディア: CD



悶絶ものの哀愁激メロをつくらせたら
右に出るものはなかなかいないでしょう!・・・な
The Rasmusの7枚目のアルバムです。
うん、確かにどこをどう聴いてもThe Rasmus。
ファンの期待通りのThe Rasmus節を聴かせてくれます。
強いて言えば、前作よりもポップス感が強くなったかな。
ただ、これは前のアルバムの感想でも書いたことで、
今作ではポップス感が増した分よくなっているけれど、
やっぱり通して聴いたときに曲のメリハリが弱い気がします。
1曲1曲はいいのに、イメージが似た曲が多く、
途中、ちょっと飽きてきちゃうことがあるんですよね。
これは、哀愁激メロ系のバンドだと
1曲1曲が濃ゆ〜くなるからかなぁ・・・。
とは言え、やっぱりこの手の音楽好きにはたまらない訳で。
特に私のお気に入りは、(6)Run To You[ぴかぴか(新しい)]
曲の頭のリフがはじまった途端にぐっと来て、
サビのところでは、きゃ〜っ[黒ハート]て感じで倒れそうになります。
はい、あいかわらずバカですみません・・・。
でも、音楽聴いてこんな気持ちになれる感性って
幸せなことですよね!(って自画自賛・・・すんません[あせあせ(飛び散る汗)]
他にもタイトルトラック(2)The Black Rosesも
冒頭の歌メロから聴き手はドキドキ[ぴかぴか(新しい)]だし、
(11)Live Foreverでは頭のピアノでじ〜んとさせられて、
その後のボーカルでさらにせつなさを増しという感じで、
まぁ、たまりませんわ[ハートたち(複数ハート)]

そんな訳で、胸がせつなくなるメロディの嵐にひたり方。
必聴でございますよん[パンチ]

バンドのMy Spacesで今作より4曲試聴できるようです。
http://www.myspace.com/therasmus


タグ:The Rasmus
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

ファラン

買わなきゃと思いながらも買えてないアルバムです。
メリハリが弱い、イメージが似た曲が多い、この辺は前作でも感じた部分ですので、何となく作風が分かる気がします。
ただ、あの哀メロの嵐は魅力的ですよね(笑)。
by ファラン (2009-01-05 20:31) 

りでぃあ

>ファランさん。
コメント&nice!ありがとうございます♪
そうなんですよ〜作風は多分にご想像通りだと思うのですが、やはり晩秋から冬にかけては、あの哀メロの嵐はとっても魅力的でなんやかんや言っても聴いてしまうのです(笑)。
ファランさんも機会があればぜひ!
by りでぃあ (2009-01-05 21:12) 

SANE

もう7枚目だったのか!と少々驚いてしまいました^^;

>1曲1曲はいいのに、イメージが似た曲が多く、
途中、ちょっと飽きてきちゃうことがあるんですよね。

そうなんですよねぇ。1曲はイイのですがアルバムを通して聴くとアレ?となりそうですよね。
Rasmusだけじゃなくフィンランドのバンドは
結構このパターンがあるような。

でも切なくなるメロディが聴きたいときがあるから
やっぱり買っちゃうんですよね~(笑)
by SANE (2009-01-09 23:12) 

りでぃあ

>SANEさん。
コメントありがとうございます♪
お礼が遅くなってごめんなさい。
そうですね、確かにフィンランドのバンドは、
1曲1曲はいいのに・・・ってパターン、
結構あるような気がします・・・。
その辺がいい意味で「あかぬけてない」
お国柄なのかなぁっとも思いました。
でも、好きだから買っちゃう聴いちゃう(笑)
日本人の感性に合うんでしょうね〜。
by りでぃあ (2009-01-12 10:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。