So-net無料ブログ作成

なぜだか忙しい?? [あんな話にこんな話(日常)]

ふと気がつけば前の記事から、半年以上が経過しておりました。
おっかしいなぁ・・・。
体感月日では、せいぜい2ヶ月くらいなんだけどなぁ・・・。
7月初めの夢のようなライブの話やら、
(↑ドイツ特派員さん、ごめんなさい[たらーっ(汗)]
その後、入手したCDのことやら、
ちらちら記事には、しかけているのですが、う〜む。
もっとも新譜を入手するペースも
ライブに行くペースもがくんと落ちていて、
なんと私としたことが、7月以降、ライブ参戦はたった1回!!
しかも、それがジャズだったりします・・・。
と、そんなこんなな毎日の私なのですが、
「あいつはどうしてるかな〜」と、
のぞいてくださった奇特な方がいらしたときのために、
ここ数ヶ月に入手したCDを記録しておきたいと思います[CD]
よろしければ、おつきあいくださいませ。
フルブラスト

フルブラスト

  • アーティスト: キコ・ルーレイロ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: CD


ブラジルのHMバンド、ANGRAのギタリスト、
キコ・ルーレイロの3枚目のソロ・アルバムです。
正直に言ってしまうと、ここ最近は、
ANGRAのようなメロディック・スピード・メタル系の音は
あまり聴かなくなっていたのですが、
彼のソロ・アルバムだけは別格ですね。
と言いつつ、なかなか手に入れられずにいたところ、
ブログお仲間さんのとこで紹介されている記事を読んで、
即購入、即お気に入りになりました☆
テクニカルなメタルが好きで、かつジャズやラテンなど
多様な音楽にも興味があるギター好きには超おすすめです♪




チキンフット

チキンフット

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WHDエンタテインメント
  • 発売日: 2009/07/08
  • メディア: CD


ジョー・サトリアーニ(G)
チャド・スミス(Dr)
マイケル・アンソニー(Ba)
サミー・ヘイガー(Vo)
というスーパー・バンド(って言い方あってる?)のアルバム。
メンバーのイメージのまんまなアメリカンなメタル・サウンドが
気軽に楽しめる曲ばかりで、なかなかよかったです☆



FORTH~再生

FORTH~再生

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2008/09/03
  • メディア: CD


UK産バンド(HM/HR系ではありませぬ)、The Verveが
再結成、なんと11年振りに発表した4枚目のアルバム。
2枚目、3枚目が悶絶級に大好きだった私。
今回のアルバム、ちょっと思っていたのとは違ってたのだけど、
やっぱりイギリスらしい音で
非常に心地よく聴かせていただいております。



フェイス・ディヴァイズ・アス、デス・ユナイツ・アス

フェイス・ディヴァイズ・アス、デス・ユナイツ・アス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マーキー・インコーポレイティド
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: CD


このバンドもThe Verveとはまったくタイプは違うけれど、
紛うことなくイギリス的な音を聴かせてくれます。
もはやこの冠もどうかという気もちょっとするけれど
元祖ゴシック・メタル・バンド、
Paradise Lostの12枚目のアルバム。
熱く語れる程、聴き込めてはいないのですが、
よい意味で安心して聴ける
彼らならではの音世界が展開されてます。
ただ、ボーカルについては、
前作よりもデスっぽい声が多くなっていて、
全体的にテンポがスロー気味なこともあって、
久々に重量感が増しているような気が。


ジ・インシデント

ジ・インシデント

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WHDエンタテインメント
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: CD


思いおこせば去年の秋には、
彼を追いかけてオランダまで行ったんだなぁと
ちょっと遠い目をしてみたりして。
変わらず私の一押し、Porcupine Treeの新譜も出てます。
前作の傾向を更に押し進めて、
更にダークな世界がつくりあげられています。
ちょっととっつきにくいかもしれないけれど、
じっと聴けば聴く程、味わい深い印象です。
でも、内ジャケットの写真、怖いから、気をつけてね。



Less Is More

Less Is More

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Edel
  • 発売日: 2009/12/08
  • メディア: CD


これまたとっても叙情的で
イギリスならではの音をきかせてくれる
ベテラン・バンド、Marillionの新譜は、
自身の曲をアコースティックに聴かせるリメイク盤。
しかし、リメイクかとあなどることなかれ。
まったく違和感なく、原曲とはまた違った趣きに
仕上げられた楽曲は、彼らのミュージシャンとして
能力の高さをみせつけてくれるかのようです。
これからの季節、静かに部屋で聴くのにぴったりですよ。



The Whirlwind

The Whirlwind

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Metal Blade
  • 発売日: 2009/10/26
  • メディア: CD


え〜っと、このアルバムは、まだあんまり聴けてないんです。
MarillionのPETE TREWAVAS、
Dream TheaterのMKE PORTNOYなどの参加する
プロジェクト・バンド、The Transatlanticの久々の新譜です。




ゼロ・オーダー・フェイズ

ゼロ・オーダー・フェイズ

  • アーティスト: ジェフ・ルーミズ
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2009/02/25
  • メディア: CD


音楽ブログお仲間さんのところで紹介されているのを読んで
興味をひかれ、聴いてみました。
NEVERMOREのギタリスト、JEFF LOOMISのソロアルバムです。
NEVERMORE本体は、ちょっと私にはヘヴィ過ぎるんですが、
このアルバムは、かなり気に入ってます☆
テクニカルでヘヴィだけれど、
なかなかに胸にぐっとくるメロディもちりばめられており、
私好みの要素が満載です。


スペイン

スペイン

  • アーティスト: ミシェル・カミロ,トマティート
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2000/07/01
  • メディア: CD



スペイン・アゲイン+3

スペイン・アゲイン+3

  • アーティスト: ミシェル・カミロ,トマティート
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2009/09/02
  • メディア: CD


最後は、ちょっと毛色の違うこの2枚。
とは言っても、私、元々フラメンコは好きなんですけれどね。
ドミニカ出身のジャズ・ピアニスト、ミシェル・カミロと
スペインのフラメンコ・ギタリスト、トマティートの
デュオによるアルバムです。
発売自体は、随分と前だったのですが、
9月に来日ライブがあると聞き、興味を持って聴いてみました。
いや〜これがなかなかになかなかですよ。
先に紹介したJEFF LOOMISとジャンルは違うながらも、
同じくテクニカルで哀愁漂うぐっとくるフレーズ満載。
とりあげている曲も、スタンダードで知った曲も多々あり。
アルバムの解説によると、この2人の組み合わせ自体が
ジャズとフラメンコという
異ジャンルのスペシャルなものであるみたいだけれど、
まったくもって違和感なく聴けました。
(だから、名盤なんだろうけれど)
ジャズは素人なので間違ってるかもしれませんが、
多分、このアルバムはジャズっぽく仕上がってる印象です。
その中にフラメンコらしさもちりばめられている感じがして、
おもしろかったです。
で、このアルバム聴くと、
久しぶりにフラメンコ・ギターが弾きたくなって、
おまけにラテンなピアノも弾いてみたくなる今日この頃。
でも、新しい家に引っ越してきて、
一度もギターのケースはあけられてないんだよなぁ・・・とほほ。


さて、年末までに書きかけの記事、仕上げられるかな??
その前に仕事なんとかせなあかんな・・・・ふぅ。

と、ここまで書いたところで気がつきました。
なんやかんやとご紹介したCD10枚。
結構、ちゃんと買ってるやん。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

TBM

お久しぶりです。
忙しくともCDはしっかり購入。さすが、りでぃあ さん!
さて、記事にはしてませんがPorcupine Tree は私も買ってます。
そして、Steven Wilson 関連としては、no-man 、
Blackfieldも買いました!これら、記事にしましたので
ちょっとのぞいてみて頂けたらうれしいです。
http://tbm.blog.so-net.ne.jp/2009-10-24
http://tbm.blog.so-net.ne.jp/2009-09-25-1
では!
by TBM (2009-12-17 00:21) 

りでぃあ

>TBMさん。
お久しぶりです〜!!
ブログをお休みするつもりはなかったのですが、
いつの間にか半年以上が過ぎておりました。
そんな私にも関わらず、こうしてご訪問くださり、
とても嬉しいです。ありがとうございます。
わ〜no-man、Blackfieldも記事にされてるのですね!
それでは早速、おじゃまいたします☆
by りでぃあ (2009-12-17 23:12) 

KAKEHASHI

りでぃあさん、お久し振りです。
音楽生活、なんのかんのと、おっしゃりながら
充実されているようで何よりです。

私は、既に発売されている
LAST AUTUMN’S DREAM を
買いたくて仕方ありません。

あと、今更ながらBULLET FOR MY VALENTINE
にちょっとハマてます(^^;
by KAKEHASHI (2009-12-18 00:37) 

ドイツ特派員

おー、ご無沙汰です。なーんだ、色々と聴いているじゃないですかあ?私の方は気にせずに(笑)。It Bites、某氏にも聴けていただけたようで何よりです。

さて、次はDead Endですかね?印象は昔とは違いますが、高品質だと思います。
by ドイツ特派員 (2009-12-20 08:15) 

りでぃあ

>KAKEHASHIさん。
おひさしぶりです〜!お元気ですか?
コメント、ありがとうございます。
はい、なんのかんのと言いながら、
充実していて自分でもちょっとびっくりです(笑)
Last Autumn's Dreamも新作出てるのですね!
これは未確認でした。
これは早速手配せねば!!
あとWingerの新譜も出てるんですよね。
今から梅田に出る予定なので買いに行こうっと。
Bullet For My Valentineか〜。
私は聴いたことないんですが、
これも試してみようかしら。
by りでぃあ (2009-12-21 13:15) 

りでぃあ

>ドイツ特派員さん。
すっかりご無沙汰しておりました(^^;
そうなんですよ、自分では全然音楽聴けてない!
と思いこんでましたが、こうしてまとめてみると、
結構聴いてることがわかってびっくりです。
この中の何枚かは、特派員さんつながりで
知ったものでもあり、感謝感謝でございます。
はい、お次はDEAD ENDですね!
IT BITESのようなマジックが感じられるか、
ドキドキです。

by りでぃあ (2009-12-21 13:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。